スポーツ義足、スポーツ義手等のスポーツ用義肢について

スポーツへ取り組まれる方一人ひとりにあった製品をご提供致します。

アスリートたちのやりたい、欲しいを形にします

名取製作所では、スポーツ義肢製作のお手伝いをさせていただいております。技術で選手を支えます。誰もがスポーツを楽しむ社会の実現に向けて取り組んでいます。

スポーツ義足で活躍している選手

名取製作所が支援させて頂いているアスリート達です。最高の結果が出せるように最大限サポートさせて頂いております。

陸上の山本篤選手

山本選手2015年 IPC 陸上競技世界選手権大会の走り幅跳びで、弊社がサポートさせて頂いた義足をつけて、6m29cmを飛び、金メダルを獲得されました。

また、2016年5月に行われた日本パラ陸上競技選手権大会の走り幅跳びで、世界新記録(当時)の6m56cmを樹立されました。

パラサイクリングの藤田征樹選手

パラサイクリング、トラックレース&ロードレースのアスリート、藤田征樹が、2012年のロンドンパラリンピックの代表選手に選出され、弊社がサポートした義足をつけたロードレースで銅メダルを獲得されました。


スポーツ用義肢のコネクタ「スポーツアダプター」

名取製作所のスポーツ義足がほかにはない性能の一つに、調整が効く「スポーツアダプター」があります。

一般的なスポーツ用義足には足りないものを、弊社のスポーツアダプターで調整できるようになりました。それがアスリートたちの負担となっていた所を、弊社のスポーツアダプターで調整できるようになりました。

スポーツアダプター スポーツアダプター
スポーツアダプター スポーツアダプター
スポーツアダプター

ベストな感覚がわかるとそれに合わせたカスタマイズしたものを提供いたします。金メダルや世界新記録を出した陸上の山本選手は、このアダプターを利用して頂いております。(スポーツアダプターについてはこちら

進歩の著しいスポーツ義肢

大事なのは、選手が実力を100%発揮できるように作ることであり、そこにはフィジカルなジャストフィットのほか、メンタルでデリケートな部分もあり、最後は官能評価になります。

正直なところ、最初はどうやったら良いのか、手探りでした。私たちは、藤田選手や担当の義肢装具士さんと何度も打ち合わせを行い、工夫を凝らし、軽量化を重ね、全日本合宿の前日にようやく「いい感じです!」との評価をいただきました。

藤田選手は、弊社製の足部を本番のレースで使用してくださり、ロード16キロタイムトライアルにて見事銅メダルを獲得されました。最高にうれしかったですが、藤田選手の思いに対してサポートすることができたという安堵感も大きかったです。

速い、勝てるスポーツ用義肢、義足、義手、装具の研究

精度の高いスポーツ用義肢、義足、義手、装具を作るには、何よりも選手にあったものを製作することです。名取製作所が少しでも多くの競技用義肢、義足、義手、義肢装具の発展のお役に立てるよう、選手が勝てる、体にあったものを提供いたします。

東京大会に向け、目一杯がんばります!

ただ、そもそもスポーツ義肢製作に携わるルーツとなった考え方から、競技用義足のほか、もっと裾野広く、たくさんの義足ユーザーの方々が日常的にスポーツを楽しむためのお手伝いをさせていただきたいと考えております。お問い合わせ、お待ちしております。

山本篤選手使用

Photo by Takao Ochi

スポーツ義足・義手等のスポーツ義肢についてのお問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせの方は、下記番号にご連絡ください。
担当者:臼田(ウスダ)
メールでのお問い合わせはこちらのページからお問い合わせください。

電話番号電話番号:0480-22-3301

FAX番号FAX番号:0480-22-8818

Copyright © natori-mnf inc, All Rights Reserved.